ブッキとBakuとしらたまと

 旧「あっちもこっちも」キャバリアとチワワ、手芸好き主婦のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルパカ

コリ国立公園の帰り、先生のお宅にお邪魔してお茶を頂きながら(まさにお茶、日本茶でした
編物の話をしたり、紡ぎの話をしたり・・・と楽しい時間を過ごさせて頂いていたら、なんとも嬉しい提案が!
「私の友達がアルパカを飼っているのだけど、見に行ってみる?」

「行きます~♪♪」

1062

初めまして。アルパカさん♪

1066

とっても好奇心が強いようで、ずんずん私の方に寄って来ます。
この子の名前は確か「ノア」くん。とってもスタイリッシュな彼でした。

1068

この子は特に穏やかで人なつっこく、飼い主さん曰く「とてもいい話相手」だとか
名前は「テス」ちゃん。


1078

こんなことも、首に抱きついたりもさせてくれました~。

ここのアルパカはアジリティ競技に参加するのですが(アルパカがアジリティをするとはビックリ!)
このテスちゃんは美しさを競うコンテストでクィーンになったことがあるのだとか。

1068

帰りには、みんなの大切な毛をたっぷりお土産にもらいました。
いつか自分で紡いで、何かを作って報告せねば!(と言うわけで只今手紡ぎ練習中

動物大好きな私。こんな出会いがあるなんて、先生に感謝感謝。
「必ずまた来ます!」宣言をしてお別れしてきました。

私がお邪魔したのはこちらの牧場です。Siroucan Alpakat





スポンサーサイト

コリ国立公園

971

ヨーエンスでの織りコースは月曜日から金曜日まで。
最終日の金曜日は先生と一緒に、コリ国立公園に行きました。
北カレリアに来るなら、きっと訪れるだろうコリ国立公園。
少しお天気が悪かったのですが、それでもとてもキレイな場所でした。

963

とても広大な公園のうち、私が訪れたのはたぶん一番有名な入り口近くの3つの高台。

「UKKO KOLI」と「AKKA KOLI」と「PAHA KOLI」

確か「おじいちゃんのコリ」「おばあちゃんのコリ」「悪いコリ」というような意味だったと思います。

989

自然が見事で見るものがたくさんあったのですが、今回私が一番楽しんだのは「コケ」。
とにかく種類が豊富で、色も様々、形もかわいい!

997

これでもか!ってぐらい写真があります^^;
この後訪れたヘルシンキでも、せっかくアカデミア書店に行ったというのに
かもめ食堂の「カフェアアルト」もそっちのけで、「苔本探し」に没頭。でもいい本を見つけましたヨ

988

もう一つ楽しかったのは、ブルーベリー狩り。
時期的にほとんど摘み取られてしまった後だったのですが、それでもよく見るとたくさん成っている茂みが残っていて、たっくさん食べました。
上の2粒はブルーベリーですが、下の2粒は別のベリー(名前忘れた)。良く似ているけど、葉っぱや味がちょっと違うのです。

1035

お昼はふもとの湖沿いのレストランで魚料理。
Kolin sataman Alamaja
これ、なかなかいけました。日本人にはちょっと量が多いですけどね

ヨーエンスの中心地から車で一時間ほど。
倒木を始末するのも禁止されているぐらい、自然をそのまま保護しているそうですが
だからといって、立ち入り禁止エリアを強調するでもなく、ブルーベリーやきのこ狩りを禁止するでもなく。
長~いハイキングコースもたくさんあるようです。

公園入り口にあった「ホテルコリ」も素敵でした。いつか泊まってみたいですねぇ。



フィンランド旅行の目的

記憶をたどりながら書いていきたいと思います。

Taitokortteli

そもそも、なぜフィンランド、しかもヨーエンスなのか。
実は私にも良く分かりません

こちらに来てからというもの、英語をまずなんとかせねば!という気持ちで、
手芸をする時間もあまりとらず英会話学校に毎日通っています(ちょっと嘘。結構さぼってます。)
英語のスタート地点があまりに低いので、結構集中する必要があるのですが、それでもさすがに飽きてきましたよ~

英語が使えるといいことあるわ~って言う体験をしたかったのと、手芸だけをする環境に飛び込みたくて、ネットをウロウロしていて見つけたのが、フィンランドでの織り教室。こちらです→TAITO KORTTELI 

私の母が織りをするので、織りには手を出さないでおこうと思っていたのですが、
なんだか妙に魅かれるものがあって、自分でもあれよあれよという間に手続き終了。

Taitokortteli

こんな素敵な場所で、4日間朝から夕方まで織りを体験してきました。

Fin_1

最初に織ったのはラグマット。大きなTOIKAの織り機で平織りです。
先生が日本語をお話になるので、説明も良く分かりました。なにしろ教えるのがとても上手な先生でした。今回の旅を満喫できたのはすべてこの先生のお陰です。

526

フリンジの処理前の私のマット。縦糸がセットされている状態から始めたので、一日で織りあがりました。

557

2日目は私のリクエストで、バンド織りを教えてもらいました。道具らしい道具はこの小さな木製へドルだけ。
縦糸はドアノブと腰に結びつけます。これならアメリカにもどってからも織りができますよね。

腰に巻きつけるスタイルにずっと抵抗があったのですが、やってみるとインクルルームよりなんだか快適。ebeyで入手したインクルルーム、売っちゃおうかなぁ
この日に織ったのは、単純な平織りみたいなもの。最終日に時間があまって教わったのは、
縦糸をピックアップして模様を作るタイプのものでした。

2日目ぐらいから作業にすごく集中するようになって、あまり写真を撮っていないのです。ちょっと残念。
帰国してからも、このバンド織りは続けているので、また新しいのを作ってこちらに写真を載せたいです。

935

3日目から4日目午前中にかけては、細いウール糸でストールを織りました。
ここで初めて4本の足踏みを経験して・・・・叫びたくなるほど快楽物質が出るのが分かりました。
世の中にこんな楽しいことがあったのかぁ~!!と叫びたくなる感じです。
手先だけじゃなくて、全身を使うのがなんともいい感じ。


601  615  564

この工芸センター(正確な訳を知りませんので仮にこう呼びます。)には、カフェスペース・民族衣装の展示スペース・お土産屋さん、それから手作り系のテナントが沢山入っていて、観光で訪れてもとっても楽しいと思います。
私が織っている間にも、フィンランドの他の地方やロシアの方からの観光客がたくさん見学に来ていました。
私のことを遠巻きに眺めたり、話しかけてきたり
せっかくフィンランドの手工芸を見に来たのに、織っているのがアジア人で(しかも超初心者)なんだかちょっと申し訳ない(笑。

559 1103 948 943

フィンランドには各地方にこういう手工芸センターがあって、織りの技術を継承しているようです。
私がお世話になったこちらも、予約さえすれは誰でも自由に織り機使うことができます。
私が織っている間も3名ほどの地元の方がマットを織りに来ていました。
日常の中にこんな恵まれた環境があるなんて、本当にうらやましい~。

マット洗い

タイトコルッテリでの織り教室、初日の夜。あまりに疲れたのでレストランでビールを飲んだら、すっかりいい気分♪ふらふらと川岸の道を南に歩きました。

とある岸辺で、不思議な光景を発見。

photo

皆さん、マットのような物を洗ってます。

photo

もう少し近づいてみたら、川でもマットを洗ってる。

photo

干す場所までちゃんと用意されています。

photo

干されているマットの半分以上は、ラシュマットräsymatto/トラースマッタtrasmatta(この二つが同じなのかよく分かりません。)と呼ばれる裂き織マット、ちょうどこの日、私がタイトコルッテリで織ってたものでした(^^)

フィンランド人の英語が堪能なのは、すでに経験済みなので、何故こんなところでマットを洗うのか、誰かに聞きたくて周りをうろついてみたのですが、
英語力に問題ありでちょっと引き気味の私 + 知らない人に声をかけるような習慣がないと思われるフィンランド人= きっかけがつかめない……。(この辺りサンディエゴは楽です。誰でも彼でも「Hi!」って感じですから。)

と、ある女性が笑顔で声をかけてくれました。
「あなたはBaku(本当は本名です笑)さんですよね?」(英語)

なんと!夏休み中でお会いしたことはなかったものの、今回のタイトコルッテリの教室の申し込みて続きをして下さったTさんでした。なんという偶然!
興味深そうに見つめる・写真をとる日本人を見て、きっと私だろうと思ったそうです。

有色人種が少ないので、特にアジア人は目立つみたいです。どこに行っても視線を感じます。
でもシャイなフィンランドの人達、声をかけてきたのは今のところ初老の女性一人だけ。サンディエゴとのギャップは相当なものです(笑。

photo

夏になると、たくさんのフィンランドの人達がこのMATONPESUPAIKKAと呼ばれるマット洗い場で、自分でマットを洗うそうです。その方がエコロジカルでしょって教えてもらいました。
昔は2枚目の写真のように川で洗うのが普通だったけど、今は一枚目の写真みたいな洗い場が普通で、洗剤をかけてブラシでゴシゴシこすって、洗ったあとはローラーで絞って干す。大きなマットも、これなら自分で洗えますね。

私のマットもブラシでゴシゴシ洗ってみよう♪



ヨーエンスの朝

photo

2日目は早く目覚めてしまったので、6時から散歩に出かけました。
昨日の川べりは、白樺並木の遊歩道になっています。爽やかな風とともに鳥の声が聞こえて、とてもいい感じ。

Pielisjoki

自転車に乗った人達がたくさん私の前を通り過ぎました。気持ち良さそう!
遊歩道脇の小さな公園に一頭だけ置かれた馬の遊具。かわいいけど、なんだろ?

Morning air market

町の中心地、市庁舎前のMarket Squareでは、夏の間だけ朝市が毎日開かれています。
冷蔵庫があったらベリーとか買えたのになぁ~(しつこい?)。

Market square

洋服はどれも大き過ぎ(笑。白樺細工のかご、欲しかったけど現地でもそこそこするので断念。
Marketの一画には3軒のカフェが並んでいて、現地の人が朝食をとってます。

photo

平日だったこともあって、とてもこじんまりしていましたが、現地の人をたくさん見ることができて楽しかったです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。