ブッキとBakuとしらたまと

 旧「あっちもこっちも」キャバリアとチワワ、手芸好き主婦のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンクスベルト仕立て①

P1120116.JPG

先日のモンクスベルト織りから、まずはランチョンマットを4枚とりました。
糸始末は全部ミシンでやったので、らくちん。

ちょうどいい食材がないので、無理矢理だがお皿だけのせてみる。
P1120111.JPG P1120110.JPG
予定よりだいぶん縦に縮んじゃったので、幅がちょっと短いかな。

P1120117.JPG
残りの3パーツはちょっと違うものにしてみようと思います。

スポンサーサイト

メビウスの輪

P1090025.JPG

メビウスのスカーフ?カウル?マフラー?スヌード?
輪になっていて、首からブランとぶら下げたり、二重に巻いたりして使う、アレです。

P1090023.JPG

高さの半分のところが作り目、ぐるぐる回りながら上下に編み広げていきます。

マフラーのように縦長に編んで、最後にねじれるように両端をつなげて輪にする、
あるいは、作り目のあと輪にする時に、わざとねじれた状態で始めて上に編み進める。

の方が簡単ですけど、今回使った方法もなかなか興味深かったです。

こちらで始め方が見れます↓
http://www.youtube.com/watch?v=LVnTda7F2V4

編んでいる最中は輪張りが二重になっている状態なので、出来上がりサイズを途中で確認できないというデメリットもありますけど、大きなメビウスの輪を編む時にはダランと下にぶら下げないので、編み目が安定するように思いました。

使った糸はこちらの中央のもの。
P1090020.JPG

左が単糸の状態。複数色のメリノとシルクを混ぜたもの
今回使った真ん中の糸は、ハニーカラーのタッサンシルクをできるだけ甘く撚ってと左の糸と撚り合わせたもの。
右のかせは、左の単糸にホワイトのタッサンシルクを撚り合わせました。

撚りあわせるシルクの色が違うので、まったく違う表情になっったのはもちろん、
右のホワイトシルクは、慎重になりすぎて撚りが強く、重い糸になってしまいました。
その結果、ハニーシルクと同じ重さを紡いだのに全然長さがたりない!
何を編んだものか。いっそ織りに使ってしまおうか。。。。

今回使ったシルクは両方ともスライバーの形で購入しました。
綺麗に方向が揃っていたんですけどその分、

フワフワっとして(あちこち舞い散った繊維だらけになる)、
すこしネットリしていて(舞い散った繊維がへばりついて取れない)、
繊維が細く長い(見た目的に舞い散ったものが気持ち悪い)。
「二度とやるもんか!!!」
とぶつくさ。。。。最後の方はほとんどやっつけ仕事^^;

でも完成品をまとってみると、その快適さにうっとり。
やわらかくて、滑らかで、軽くて、温かい。でも暑くない。

多分また使っちゃうと思います。でもシートか繭の状態のものの方がいいかな。
とりあえず、シルク入りメリノは紡ぎ易くて大好きで、この後また買ってしまいました☆

編み物二つ

毎週参加しているKnitting groupのお蔭で、最近編み物がさくさくと進んでいます。

最近完成した編み物二つ。

P1040854

こっちでCowlと呼ばれる首巻き、だけど直径をずいぶん大きくしたのでCowlと呼べるのかどうか。
カナダの強撚りの茶色毛糸から編み始めて、アメリカのソックヤーンを足し、最後はソックヤーン2本取りにイサガーのモヘアを足しました。

P1040844 P1040846

大きめに作ったので、肩から、首だけ、とお得な2wayで使えます。
この形、結構便利なのでまた別のレースパターンで作ってみたいです。


P1040851

お次はフェルティングバッグ。

P1040841 P1040852

左)フェルト化前。15mmの編み針でざっくり編んだので相当大きくて不安な感じ。毛糸は2本どりです。
右)フェルト化後。予定通りに2/3程に縮みました。心配だったバブル(丸ぽち)も引き上げ編みの部分も綺麗に収まっていい感じです
P1040838 P1040848

私が持つと大きさの違いが分かりやすいかも^-^

しっかり縮んだので、多少重いものを入れても変形しません。
原毛ではなく、毛糸で編んだものをフェルト化するバッグは初めてだったけど、この方が色の変化を簡単に楽しめますね。

今回のフェルト化には洗濯機を使いました。
(こちらの洗濯機は熱湯に近いお湯が出るので、フェルト化の作業が楽かもしれません。)

一回目は、お湯をやや多め、洗剤も普通にして予備的に縮め、
二回目は、お湯を少なめ、洗剤も少なめにして、かかる摩擦を増やし一気に縮める
(洗濯ネットに入れてくださいね。)

結構綺麗に縮んだと思うので、この方法はおススメです。





バレンタインデー

一ヶ月ほど前から、いつものUCSDインターナショナルセンターで「編み物倶楽部」みたいなものが始まりました。

最初にこのセンターに参加するようになった頃に、いつかはやりたいねぇ~と話していた「編み物倶楽部」。

まだ方針らしい方針もなく、2,3人ずつに分かれてスカーフやら手袋やら、小さなプロジェクトが同時進行しています。。
私は今、首巻きを作ってます。マフラーじゃないんです。輪っかなの。
こちらではCowlと呼ぶらしいのですが、日本では何というのでしょう?首にする腹巻みたい?なもの。

それはさておき・・・
先週は特別企画でこんなものを編みました。

Just Finished

な~んだ?

IMG_2165

縫い合わせると、ハートの形になります。
でもなんか不細工。

IMG_2167

これをビニール袋の中でゴシゴシすると・・・

IMG_2182

ハートができるのでした

パターン(英語)はこちらです↓
http://e1.interweave.com/dm?id=FFB11547FB102025281B6AFC65E863B2AD0B43E0AE847CC5

靴下また編みました。

P1030987
パターン:「Favorite Socks」

生まれて初めて編んだ靴下、になるはずだった一足。
この糸、とっても気に入ってます。短いのだったらもう一足編めそうなぐらい残っていて12ドル/一玉。

P1030981
パターン:「Around the World in Knitted Socks: 26 Inspired Designs」

そしてこの夏に香港に行ってしまったお友達に「いつか作ってあげるよ~」と約束していたので、
慌てて編んだ彼女好みの靴下。
こちらはウールにキトサン(カニとかの甲羅に入っている成分)が入っていて16ドル/一玉。
レース模様は案外毛糸をたくさん使うようで、もう一足作るのは無理かな。
このレース編みがすっごく面倒だったけど、結果はかわいくて結構お気に入り。
いつか違う色で自分の分も編みたいけど、フム、自分のためにここまで頑張るのは無理そう。


P1030997 P1030993
どちらも「履き口」の方から、片方ずつ編んでます。
急がば回れ、じゃないけど、靴下はゆっくり丁寧に編むのも楽しい気がする。
今回の2足はいい糸を作ったので、その分上乗せで「丁寧に」が楽しかったデス

手編みの靴下なんて履くの~?って、よく言われるので、洋服と合わせると・・・・って写真を撮ろうとしたら、
こうなった↓

P1030988

いや、わざわざ載せることもないんですけどね^^;

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。