ブッキとBakuとしらたまと

 旧「あっちもこっちも」キャバリアとチワワ、手芸好き主婦のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マット洗い

タイトコルッテリでの織り教室、初日の夜。あまりに疲れたのでレストランでビールを飲んだら、すっかりいい気分♪ふらふらと川岸の道を南に歩きました。

とある岸辺で、不思議な光景を発見。

photo

皆さん、マットのような物を洗ってます。

photo

もう少し近づいてみたら、川でもマットを洗ってる。

photo

干す場所までちゃんと用意されています。

photo

干されているマットの半分以上は、ラシュマットräsymatto/トラースマッタtrasmatta(この二つが同じなのかよく分かりません。)と呼ばれる裂き織マット、ちょうどこの日、私がタイトコルッテリで織ってたものでした(^^)

フィンランド人の英語が堪能なのは、すでに経験済みなので、何故こんなところでマットを洗うのか、誰かに聞きたくて周りをうろついてみたのですが、
英語力に問題ありでちょっと引き気味の私 + 知らない人に声をかけるような習慣がないと思われるフィンランド人= きっかけがつかめない……。(この辺りサンディエゴは楽です。誰でも彼でも「Hi!」って感じですから。)

と、ある女性が笑顔で声をかけてくれました。
「あなたはBaku(本当は本名です笑)さんですよね?」(英語)

なんと!夏休み中でお会いしたことはなかったものの、今回のタイトコルッテリの教室の申し込みて続きをして下さったTさんでした。なんという偶然!
興味深そうに見つめる・写真をとる日本人を見て、きっと私だろうと思ったそうです。

有色人種が少ないので、特にアジア人は目立つみたいです。どこに行っても視線を感じます。
でもシャイなフィンランドの人達、声をかけてきたのは今のところ初老の女性一人だけ。サンディエゴとのギャップは相当なものです(笑。

photo

夏になると、たくさんのフィンランドの人達がこのMATONPESUPAIKKAと呼ばれるマット洗い場で、自分でマットを洗うそうです。その方がエコロジカルでしょって教えてもらいました。
昔は2枚目の写真のように川で洗うのが普通だったけど、今は一枚目の写真みたいな洗い場が普通で、洗剤をかけてブラシでゴシゴシこすって、洗ったあとはローラーで絞って干す。大きなマットも、これなら自分で洗えますね。

私のマットもブラシでゴシゴシ洗ってみよう♪



スポンサーサイト

ヨーエンスの朝

photo

2日目は早く目覚めてしまったので、6時から散歩に出かけました。
昨日の川べりは、白樺並木の遊歩道になっています。爽やかな風とともに鳥の声が聞こえて、とてもいい感じ。

Pielisjoki

自転車に乗った人達がたくさん私の前を通り過ぎました。気持ち良さそう!
遊歩道脇の小さな公園に一頭だけ置かれた馬の遊具。かわいいけど、なんだろ?

Morning air market

町の中心地、市庁舎前のMarket Squareでは、夏の間だけ朝市が毎日開かれています。
冷蔵庫があったらベリーとか買えたのになぁ~(しつこい?)。

Market square

洋服はどれも大き過ぎ(笑。白樺細工のかご、欲しかったけど現地でもそこそこするので断念。
Marketの一画には3軒のカフェが並んでいて、現地の人が朝食をとってます。

photo

平日だったこともあって、とてもこじんまりしていましたが、現地の人をたくさん見ることができて楽しかったです。

ヨーエンス Joensuu

A propeller-driven plane for Yoensuu

ヘルシンキからヨーエンスへは国内線を使いました。
初めてのプロペラ機…距離が短い(飛行時間1時間)のもあるのでしょうけど、揺れる揺れる(>_<)
帰りは鉄道を使う予定にしておいてよかった。

Joensuuまで遥々やって来たのは「TAITOKORTTELI」と言う現地の手工芸センターが主催する織りの教室に参加するためです。
4日間の織りと最終日はコリ国立公園へのハイキング。しかも日本語ペラペラの先生がいます(^-^)

photo

初めて降り立ったヨーエンスの町は、予想を遥かに上回る蒸し暑さ。
涼を求めて、まずは川辺りに向かってみました。Pielisjokiと言う名前の大きな川です。色がとっても深い。
大好きな外国看板も期待できそうです。

宿泊は川近くの「Green Star Hotel」。
前評判は悪くなかったのですが、どうかな。まず浴槽、ドライヤーはありません。今回致命的だったのは、冷蔵庫が壊れていたこと。フロントに交渉しましたら「全室冷蔵庫が機能しないんですよね~」ってなぜなおさないの 有名なフィンランド式ビデも壊れてます。朝食もちょっと寂しい感じです。
ま、安いですからね、仕方ないかな。ちなみにレッスン料にホテル代が含まれていて、予約もセンターがいれてくれます。場所はセンターの真裏です。



photo

冷蔵庫が壊れていることに気づいていなかった私は次に買い出しに出かけました。
市内に2つもあるK super marketです。

photo

このクロクマビールを買って冷蔵庫にいれてゆっくりシャワー。冷たいビールをググッと…飲む予定だったのに。
ビールの恨みは深~いぞぉ。(ホテルの評価にはこの恨み分が含まれてます^^;)

この時期のフィンランドは、夜11時過ぎまで明るく、明け方3時半過ぎには夜が明け始める。
時差ぼけと旅疲れと長~い昼間と、訳が分からないうちに、私のフィンランド一日目は終わりました。

フィンランド旅行 SD~ヘルシンキ

フィンランドのヨーエンスJoensuuと言う町に来ています。
サンディエゴからヨーエンス、フライト時間合計15時間ほど、遠かったです。

SD to JFK

まずはサンディエゴ空港からNYのJFK空港へ。フライト時間5時間半&時差3時間。
朝7時半に離陸して、到着したのが夕方4時ごろ。
北アメリカ大陸を横断した訳ですが、ほんとアメリカって広いですね~。
飛べど飛べど大陸…。
そうそう、お隣のとってもハンサムなニューヨーカーがスフィンクスキャットを連れていました。あの毛のない猫です。初めて触っちゃった。スベスベで温かかったです。性格は犬みたいに人懐っこいんですって(^-^)

到着したJFK空港はとても大きい空港ですが、今回は預け入れ荷物のピックアップがなかったので、1時間半の間に食事もできました。



photo

↑は、国内線アメリカン航空のボロボロの機体の後で、よけいに眩しく綺麗に見えたフィンエアー(o^^o)
黄緑と灰水色の組み合わせ合わせが素敵デス。
各座席にモニターがあって、日本語操作もできました。日本の映画もありましたよ。

NYからヘルシンキまでは、8時間ちょい&時差7時間。
今回のお隣はNYに28年も住むインド人のオジさん。
到着予定が朝の8時半ぐらいだったので、寝ておかなきゃと思っていたのに、おしゃべり好き&ホロ酔いのオジさんのお陰で一時間ちょっとしか寝れず。

英語で「お断り」するための、言葉の強さがよく分からないんですよね~。最後は「私寝ますね~」と言って毛布かぶっちゃったのですが、それでもしばらく喋り続けていたオジさん。相当なおしゃべり好き…(ーー;)
ハンサムなニューヨーカー(すっごく紳士的な人だったのです。)とのギャップが大き過ぎです。


photo

到着したヘルシンキ空港は、とても静かな空港でした。アナウンスが最小限だし人も少ない、でも決して寂しい感じではない。
コペンハーゲン空港もそうだったなぁ。洗練度はコペンハーゲン空港の方が上、かなと思います。
あっちもこっちもムーミンとittara。マリメッコと白樺細工が少し。
ムーミンとスナフキンの人形がちょっと変。

photo

空港内のとあるカフェ。オープンスペースのいたってカジュアルなカフェですが、トレーがアアルトじゃないですか!これにはびっくり。給食のトレーみたいにアアルト(artekのsiena)が山積みにされてます。
食器はもちろんittalaのティーマteema。この組み合わせが好きで、トレーが欲しいなって前から思っていました。この扱われ方を見ると、もしかしたら安く手に入るのかな?と思わずニンマリ。(輸入価格って高過ぎですよね。)
マリメッコもこの広い空間によく似合っていました。

そして、次はやっとヨーエンスです。


バルコニーが快適

P1020261

バルコニーに日傘を買ったら、期待以上に快適になりました。
リクさんも日陰とヒナタを上手に使い分けて、なかなか快適そうです。

実は一週間ほど前から一昨日ぐらいまで、調子の悪かったリク。
口内炎が再発したと思われ、3日ほど食欲不振になりました。今でも毎日温浴を続けています。

P1020275

病院に行こうかと3つほど候補を上げたのですが、食欲不振以外は特に状態の悪さを示す症状もなく、
不慣れな病院でもしものことがあったら・・と不安に思う気持ちの方がまさって、結局自宅療養をさせました。

今回ネットから集めた情報で試してみたのは、イソジン温浴(口内炎対策)。
気持ち程度の量を入れるだけですし、そもそもイソジンは塗って乾いてナンボ、という気もするのですが
イソジン温浴を始めて2日目で食欲が戻ってきました。温浴が良かったのか、イソジンがよかったのかは不明です。

粉末のビタミンCを手に入れて、今はカルシウムとビタミンC付きニンジンとスドーフード。
体調を崩すたびにニンジンに救われている気がします。。。。
そうそう、なかなか見つからなかったカルシウムパウダーも先日のカメDEshowで入手できました!

P1020281

なかなか難しい3ショット(一応3匹すべて入ったアングルです・・・。)

P1020285

哺乳類はあまりの暑さに、さっさと退散。

P1020286

リクは先日購入した屋外ケージに非難。

P1020238

先日買ったこのケージ、なかなかの優れものです。
太陽光を浴びるスペース(手前)と屋根付きスペース(奥)があり、それぞれ上蓋が開くようになっています。更に、一つ前の写真のように側面の壁を上にスライドさせて取り外すと、出入り自由な入り口を作ることができる。
いい買い物でした~。

P1020292

天気のいい日、こんな風に3匹がそろっているのを眺めるのって本当にシアワセ。

じつは明後日から2週間ほど一人旅に出かける予定です・・・なんか行きたくなくなっちゃったナ。




アメリカ版「カメ DE show」に行きました。

お友達に情報をもらって、アメリカ版「カメ DE SHOW」に行ってきました。
主催は、San Diego Turtle and Tortoise Society http://www.sdturtle.org/
場所はサンディエゴ動物園があるバルボアパークです。

週末の2日間だけの企画で、実は土曜日の夕方に一度出かけたのですが
いつもからは考えられないぐらい沢山の人であふれかえっていて、ええ?と思ったら
なんと、アメリカで5番目に規模が大きいと言われるGAY PARADEの日でした。
(正式には San Diego LGBT Pride Parade と言います。http://sdpride.org/)
どうりで・・・というカップルをたくさん目撃。

車を駐車することができず、結局日曜日に出直したのですが、
せっかくだったら11時からのパレードを見たかったなぁ。。。と。来年覚えていたらチャレンジしたいです。

P1020228

なんかいい感じの案内版。

IMGP4153_2

しかも入り口の扉には、ホルスのポスター!!
テンション上がりましたよー (顔はお披露目しませんが、我ながらいい笑顔してると思いました笑。)

P1020168

入ってすぐはヒョウモンコーナー。大中小と3匹いて、この大君はとても活発でした。
生体がいるのは、日本のカメDEshowとは違うところですね。

P1020186

一方グッズは少なかったです。↑のTシャツ(これを外国の人が着るとカッコいい。)

P1020216

これは一つお持ち帰りしました。

P1020213

これはケヅメかな。

P1020201

こんなベビーもいました

P1020176

それからこれは、何度かこのブログでも触れてきたカリフォルニア固有種の「Desert Tortoise」です。
やっと実物を間近で見ることができました。かなり素敵です。



IMGP4246_2

そして最大の戦利品はこちら↑。
上下が逆で失礼しますが、カメのケージです。定価85ドルを70ドルにまけてもらいました
これで留守中もリクに日光浴をさせることができます☆

San Diego Turtle and Tortoise Society には会員制度があり、会費は年間25ドル。
月一回のミーティングで、カメの置かれている状況を話し合ったり、飼育相談をしたりできるそうです。
さらにスゴイと思ったのは、カメの種類別に相談電話窓口が用意されていること。
英語がもう少し分かるようになったら、参加してみたいなぁ・・・。










ペンキ

P1020139

先日ペンキを買いにDIYの店に行きました。
↑はペンキの色見本 美しい~。

この見本は小さな色カードになっていて持ち帰ることが出来ます。
色カード以外にも、コーディネートを提案したパンフレットやポストカードが取り放題で、
しかもメーカー毎にこんなコーナーをもっているものですから、

P1020304

思わずたっぷり持って帰ってきてしまいました


私達が欲しかったのはエクステリア用の黒。
探し方が悪かったのか、エクステリア用の目的のペンキらしきものがなかなか見つからず
やっと見つけた一種類も何色の缶なのかサッパリ

このお店の店員さんは、なんというんでしょう、粗野な感じ?(笑)の人が多く、
質問するたびに突風に巻き込まれたような気分になります。
今回も、「私達エクステリア用の黒が欲しいのだけど・・・」というようなことを言い始めたとたん、
「あー分かった分かった。(ここで既に缶を持って歩き出している)俺が用意してきてやるよ。これは白だから・・・○×○×・・・・。」(早すぎて後半聞き取れず

P1020142

在庫を持ってきてくれるのかなぁ・・・と思った私の予想とは全く違う行動をとり始める彼↑。

彼が白だと言ったペンキ缶のフタをあけて、機械の下にセットしたら・・・なんということでしょう!
なんだか黒い液体を缶の中に足している
まさか、白から黒を作るのか!!

中身をしっかり混ぜる機械にしばらく放置して、彼が「はいよ。」と持ってきてくれた缶がコチラ↓

photo

真っ黒とは言いがたいが、一応「黒」になっているようデスネ。
ま、塗ってみましょう。



なぜ牛なのか。

P1020152

今日の看板、選択基準がちょっと違います。
コーヒーとパンのスタンド販売の店、なのに

なぜ 牛 なのか。

微妙なバランス感覚もかなり気になったのでした。@Balboa Park

セグウェイ

IMG_1331

セグウェイ(Segway)を初めて見たのは日本の雑誌か新聞で、それももう10年ぐらい前なんじゃないかと思う。
たしか「夢の未来の乗り物が完成した」みたいな記事だったと思うのだけど、
結局、実物を日本で見かけることはなく(TVでは見た)、
「未来の乗り物=非実用的」だったってことなのかな、と思ってた。

ところが、アメリカではモール内の警備員がよくこのセグウェイを使っている。
最初はびっくりしたけど、それにも慣れてきた今日この頃、
とうとうセグウェイ集団を見つけてしまった。
揃って信号待ちをしているの図↑。

IMG_1333

青になったら、みんなで移動。


なかなか気持ち良さそう。
もしかして、日本でも一般的になってきてたりするのかなぁ。。。。

ぴーさん

IMG_1382

一週間前の週末、ダンナが近くのモールで雛鳥を拾ってきました。
拾って来た日の写真。警戒しまくってる感じです。

P1020049

餌をあげようとすると逃げようとするので、仕方なく捕獲して給餌。

P1020088

ところが、ヒナってすごいですね。1日も経たないうちに、私達を見ると
「ぴーぴー」すごい声で鳴きながら、口をパックリ開けるようになりました。

IMG_1383

たくさん食べて満足、の姿。

P1020099

この写真は3日目か4日目かな。
みるみる鳥らしくなっていくので、毎日写真をいっぱい撮りました。

IMG_1476

6日目。まだ子供ですが、随分しっかりとしてきました。
この辺りから油断をすると高い窓に向かって飛んでしまったり、逆に人間に対して警戒心がかなり薄れてむしろ甘えてる?というような仕草が見られるようになり、そろそろ外に返す時期が来たと判断。

翌日、ぴーを見つけたモールに返してきました。

------------------------------------------------------

夜、道路でバタバタしているのを見かねて拾ってきた訳ですが、いつ外に返すかを調べていた時に知ったこと。
『巣立ちのヒナを拾ったら、できれば翌日には、遅くとも5日のうちに親元に返すべし!』

ぴーは多分「House Sparrow」、日本で言うところのスズメだったと思います。
下記サイトに詳しく書かれていますが、
すずめ SOS
スズメのヒナというのは、巣立ちをした後もしばらく、親鳥が餌を与えたり、飛び方を教えたり、餌のとり方を教えたりして、一人前になっていくそうです。
巣立ち直後のヒナは、とてもあぶなかっしく、実際たくさんのヒナがここで命を落とすそうですが、でもここで人間が連れ帰ってしまうのは、親鳥からすれば立派な『誘拐』。

幼い頃、私はたくさんの野鳥のヒナを育てて野性に戻していた気になっていました。。。。親鳥の教育を受けなかったら彼らはちゃんと生き延びられたのだろうか・・・。

ぴーさんが無事親鳥と過ごせているよう祈るばかりです。

落書き

IMG_1377

こちらに来て、最初に見かけた落書きはこのタイプのもの。
長く洗ってないだろ~な、と思われる車には、この手の落書きがよくされていて、
思わず「ぷぷっ」と笑ってしまう。

と共に、自分の車には書かれないようにしなきゃ・・・と自動洗車場に行ってみたりする(笑。

P1020046

もう一つは、ちょっと洒落になってない感じのもの(それに落書きじゃないけど)。
つい最近、よく行くオープンスペースの入り口に張られていた注意書き。

「RATTLESNAKES」= ガラガラヘビ


はじめての散髪

サンディエゴの爽やかな夏にあまりに不似合いな気がして、
衝動的にブッキの耳毛をサマーカットにしてしまいました。(しかも私が・・・。)

IMGP4023

『どうかなぁ~』 と心配そうにも見えるこの表情(笑。

こんなにちょっと耳の毛を切るのに、30分ぐらいかかりました。やっぱりプロに任せればヨカッタ・・・。
しかもなんだかちょっとワカメちゃん?

P1020038

と思ったけど、慣れれば幼い頃のブッキを思い出させる感じで結構カワイイんじゃない?
耳毛を切ってから、知らない人に声をかけられることが増えましたよー

次回も節約して、私が切るかな。



い~い湯だっな♪

P1010885

最近はたまにしかお風呂に入れてもらえないリクさん。無表情に見えますが・・・

P1010886

ご覧あれ、この後ろ足。とってもくつろいでいるのです

独立記念日

7月4日はアメリカの独立記念日です。

私はいつものUCSDで、ピクニックパーティに参加しました。

P1010951

パーティと名付くものの、いたってカジュアルでこじんまりしたものでした。
みんなで何となく集まって、ホットドッグを食べる・・・の会?

P1010941_2

本来は子供向けのサービスだったのですが、子供にはペイントし尽くしたからどう?ってことで、
友達にフェイスペイントをしてもらいました。人生初体験。

P1010950_2

こんな風になりました。描いてくれた彼女も描く側になるのは初めて。
なかなか上手デス (色がうまくのらないので、見た目より難しいんです。)

P1010970_2

ダンナは初めてちゃんとUCSDに来ました。せっかくだからスチュワートコレクションとポーズ

夕方からは、近くのLa Jolla Shoresに移動して花火を見ます。

P1010974

8時過ぎに到着した時には、すでに沢山人がいました。
でも日本の花火大会のような興奮ムードは全くなし。皆さん、ま~ったり。

P1010978

この時間のビーチは本当にきれいです。

そして始まった花火!

P1010979

え?ちっさ・・・・

P1010977

主人のカメラは望遠があるからもっときれいに撮れてるかも・・・だけど、
私は単焦点しか持っていないので肉眼以上に小さくなっちゃいます。

P1010988

この日は1時間半ぐらいの間に、4箇所ぐらいで花火があがりました。
一番大きく見えたのがコレ。
日本の花火を期待するとちょっと寂しいですねー(笑。

P1010981_2

でも、こんなちっちゃな花火を友達と並んで見るのも、なかなか思い出深くてよかったデス。


*ダンナがなかなか良い花火の写真を撮っていたので追加しました^-^

IMGP4095






San Dieguito Country Park

P1010373

我が家から少し北に行ったところに
『San Dieguito Country Park』
という自然保護を目的とするOpen Spaceがあります。

このスペースは、以前『Overlook Park』として紹介したスペースと続いていて、↑の写真の一番奥の高台に我が家がある感じ。

いつもは南側から北方向を見下ろしながら散歩していることになり、「あそこなんだろーな」と思っていたのです。
先日お友達がここに簡単なトレイルがあると教えてくれて、やっと「なんだろーな」を見て来ました。

P1010363

とは言え、画像からもお分かりのように到着するの遅すぎ
たしか、7時を過ぎていました(実はLego Landの帰りデス。)

P1010400

暗くなる前に・・・・と足元に生える植物ばかり撮っていて、ブッキもダンナも写真もほとんどなし。すまん。

P1010405

なかなか上手に撮れなかったけど、足元の植物がすっごく可愛かった

P1010355

看板もかわいかったです
ここには希少なカニが住んでいるので、看板がカニマーク(笑。

P1010334

この日は時間が遅すぎて、ほとんど見かけなかったけど、鳥も様々な種類を見ることができるみたいです。
『アニマル柄の看板 サンディエゴ#3』 としておきましょ。

P1010383

あっという間に暗くなっちゃった。
次回はしっかり歩きに来たいと思います。






LegoLandで見かけた看板

P1010317

Lego Land には、家族用トイレがありました。
看板もかわいいけど、これってすごく便利なんじゃないかと思う。

P1010311

滑らないよう気をつけてね、の看板もこの通り。
カワイイ

「なんだかカワイイ標識 サンディエゴ#2」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。