ブッキとBakuとしらたまと

 旧「あっちもこっちも」キャバリアとチワワ、手芸好き主婦のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラグマット完成

P1050646

土曜日の織り納屋で織っていたラグが完成しました。
途中パターンを織り間違えていることに気付いたのですが、なんだかそれが昨年の夏にフィンランドで泳いだ黒い湖に見えて、インスピレーションをもらいました。
7本の糸を引きそろえてグラデーションを作っています。

これを見るとフィンランドで過ごした素晴らしい時間を思い出す
寄付する予定で織っていたいものですが、なんだか名残惜しく感じ始めていたら
「最初のラグは自分でもっていなさい。」との、大先輩パットさんの一声で私の手元に残せることになりました

P1050728

こんな感じで使ってます。

とは言え、あくまでもボランティア活動に参加しているから使わせてもらえるはずの織り機。
既に半年以上も在籍しているのに、なにも寄付していないんですよ・・・実は。

P1050733

と言うわけで、残っていた縦糸をそのまま使わせてもらって、踏み板の順番を少し変えただけのラグをもう一枚織りました。

P1050739

コットンレーヨンの太糸で。単色の部分があるのでパターンがくっきり見えます。
本当は黄色だけでタンポポ畑のようなラグを織りたかったのですが、微妙に足りない。
この辺りが織り納屋で何かを織る時の悩みどころです。糸の種類はいろいろあるのですけど、まとまった量あるものがないんですよね~。

これでしばらく8枚ソウコウとはお別れ。(隣の方の好意で借りていました。)
自分の4枚ソウコウに戻らなくてはいけません。
楽しかったぁ♪

現在、織り納屋ではRep WeavingでPlaceマットを、
IMG_2724

自宅では、サマー&ウィンターのキッチンクロスを、
P1050729

織っています。が、どちらも激しく苦戦中デス。


=========================================
私、あろうことかフィンランド旅行日記を途中でストップしていることに今気付きました。
今から書けるだろうか・・・。

私が泳いだ湖はこんな感じだったのでした。
895  909

スポンサーサイト

アルカトラズ@サンフランシスコ旅行

P1050456

サンフランシスコ旅行の続き。

アルカトラズ島(Alcatraz Island)にも行きました。サンフランシスコ湾内、サンフランシスコ市からわずか2.4kmのところにある小さな島です。フェリーに乗っていきます。
最も極悪な犯罪者達が収容された収容所があった場所として有名で、今はこの収容所内をオーディオガイド付きで見学することができまず(日本語もあります。)

P1050461

思ったより綺麗で、独房だらけなのは予想外でしたが、脱獄計画や脱獄時に殺された看守の話などを聞きながら回るツアーは、なかなか臨場感があって不気味でした。(イヤホンですから余計に。)
「ここで4人の看守が銃殺されました」なんて解説中の独房で、写真を撮ってる人が沢山いましたけど、私は無理無理 なんか写りそうじゃないですか。。。

P1050464

運動場から見た収容所。一瞬自分が囚人になったような錯覚を起こして怖かったです。

P1050474

床に小さな傷が沢山ついていたから、なんだろうと思ったら、
脱獄計画があった時に軍が手榴弾を配管の隙間から投げ落とした時の跡だ、とか
この時の脱獄計画は失敗でした。

ツアーのある収容所建物はさすがに無彩色で陰鬱な感じですが、
建物の外は、実はなかなか綺麗な景観なんです。

IMG_2431

島から見た、サンフランシスコ市。坂がすごいですね(この後、ケーブルカーでまさにこの坂を登りました。)

P1050453

島の建物も、古くなってなかなか見ごたえのあるものになっています。

P1050494

季節によってはチケットの予約が必要ですが(ウェブで簡単にできます)、なかなかオススメの観光地でした。

アメリカの習慣(賃貸編)

ご無沙汰中に「いろいろあった」のもう一つのお話。

我が家はアメリカで分譲住宅を賃貸しています。
契約は年単位。途中で出ることになっても、ちゃんと一年分は払わなければいけません。
(多分これはレンタル用のアパートメントでも同じ。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そうそう、アメリカでは「マンション」は超豪華な一軒家。
「アパートメント」は階層構造の住居。
「タウンホーム」はテラスハウスのこと。
分譲住宅はコンドミニアム、と呼ぶみたいです。

こちらに来て、日本ではどんなところに住んでいたの?
と聞かれて「マンションに住んでました。」と答えた私は大恥をかきました(笑。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そんな賃貸の我が家、4月末に大家さんが家を売り払いたいと言い出しました。
当然
「だから契約が終わったら出てね」と言われるのかと思いきや、
「大家さんになりたい人に売るつもりだから。」とだけのコメント。

投資として家を購入し、レンタルに出すことが、アメリカでは珍しくないそうな。。。。
もし新しい大家さんが見つかれば、このまま住み続けられる可能性が大きいとのこと。

ここまでは良かったんです。

この2年、いろいろ問題もあったのですが、やっと馴染んできた感じの「我が家」。
できることなら、私たちも引越しは避けたいです。


ところが・・・・・・
来る来る!我が家に知らないお客さんがたくさん!

購入希望の方たちが不動産屋と一緒に、家の見学に来るわけです。
一番多い日は8組もの人が来ました。
もちろん、家のすべてを見られます。購入希望なんだから当然です。
クローゼットから、寝室から、風呂場から・・・なにもかも。
(日本では空き家になってから公開されますよね。)

私は知らない人が家に入るなら、その場に立ち会いたい派なのですが
特殊なキーロックを設置して、番号を知っている業者なら住人不在時も自由に見学できる
そんな形も取れるそうです(もちろん事前通知は来るはずですが)。

今週で4週目か、5週目か。まだ買い手は見つかりません。
いろいろ習慣の違いには直面してきましたが、
今回のこのシステム、明らかに私にとって、これまでで一番馴染めないモノ。

早く終わって欲しいなぁ。。。。という愚痴でした。すみません。

老猫とオムツ

ご無沙汰していました。ここのところ色々ありました。

まず、きゃん様が再び体調を崩しました。
体調は戻ったものの、やはり色々問題が出てきて、
とうとうオムツ生活をスタートさせることにしました。

P1050712

御年20歳。この夏で21歳になります。
最初はペット用の紙おむつを使っていたのですが、あまりにコストが高くつくので、
人間の赤ちゃん用のオムツに、尻尾用の穴を開けることにしました。

正直この方がきゃん様にはよかったです。
というのも、老猫は腎臓が弱っているからか、体のサイズからは想像できないような大量の尿をする。
ペット用の紙オムツは吸収が今ひとつだったのと、尻尾の穴が既にあいてしまっていてサイズ調整をできない。(大きすぎて漏れる。)
何より、人間の赤ちゃん用は安い^-^

P1050705

最初のうちは紙オムツがずれてしまうので、これまた人間の赤ちゃん用ワンピースを手直しして着せていました。
お尻のハートマークが、なんともきゃん様には似合いません^^;

P1050695

難しかったのは、サイズ選び。新生児用は小さく、その次がちょうどいい。
でも、そうするとジャストサイズ過ぎて、お尻がかぶれてしまうんですよ。

最終的に落ち着いたのは、もう一回り大きなサイズ。
きゃんの場合は7-13kg用のものを愛用しています。

IMG_2735.jpg

赤ちゃんで言うところのお腹側に逆T字の切込みを入れる。
これが尻尾穴。
大きすぎない方がいいです。親指を通して、広げるぐらいの感じ。
きゃん様のお尻周りと尻尾の根元の毛も短くカットしました。

IMG_2737.jpg

IMG_2739.jpg

着用図はこんな感じ。
オムツの本来のお尻側が、きゃん様のお腹側になるので、「大」をしても下に落ちて受け止める感じになります。
気付くのが遅れてもお尻がほとんど汚れません。

サイズに余裕があるからか、テープをきつめに巻いて固定しても嫌がらないので、
ワンピースを着せなくても、オムツがずれなくなりました。

寒がりになってしまったきゃん様にはワンピースもありかな?とも思ったのですが
最近めきめき暖かくなってきたサンディエゴ。
すっかり「オムツだけ生活」が板についてきた感じです^-^

この生活になれるのに2週間ちょっとかかりました。
最初は家のあっちこっちに粗相が広がって、正直かなり滅入りましたが「なせばなる!」
これからも色々あるでしょうけど、その都度ない知恵しぼってがんばろうね。きゃん☆

[追記]
この記事の次の春にきゃん様は日本に帰国しました。
帰国してから使った紙おむつは、パンパースのささらケアMサイズ(テープタイプ)です。日本の赤ちゃん用なので、サイズ感はアメリカで使っていたものと同じぐらいかな。
切り込みは、ちょうどPamparsの文字あたりに逆T字の切込みを控えめにいれる感じがぴったり。あくまで控え目に、がポイントです。
それから、これは最近気づいたのですが、テープの貼り方が最初の頃から徐々に変化していました。(一年後には体重が2kgぐらいしかなかったので、徐々に体型に合わせた結果と思います。)テープを尻尾側に深く引っ張って、X字になるように貼っていました。

かなり変な格好の写真ですが、テープを貼った感じがわかる写真がありましたので、ご参考までにアップしておきます☆
IMG_0376_2.JPG
ちなみにこれは、足腰が弱くなってからのきゃん様で、ブッキ(犬)のエサを盗み食いしているところです(笑。よく噛まないものだから、だいたい盗み食いの後は履き戻してましたね〜。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。