ブッキとBakuとしらたまと

 旧「あっちもこっちも」キャバリアとチワワ、手芸好き主婦のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

服部牧場〜その3他のひつじ

服部牧場にいる、マンクス意外の羊達の写真もアップします。

P1110007.JPG

P1100983-2.JPG

P1100976.JPG

P1100971.JPG

羊舎のなか、なんだか外国みたいで素敵でしょ。



私が写っていてなんだかな、ですけど、気に入っている写真をもう一枚。
13305872694_d6e087e07f_c

動物、好きです〜。

スポンサーサイト

ひつじの里親制度〜その2マンクス ロフタン

服部牧場には、ちょっと珍しい羊がいます。
その名をマンクス ロフタン(Manx Loaghtan)。

もともとは、アイリッシュ海の中央に位置するマン島の羊です。絶滅の危惧が高いレア種で、英国のRBST(稀少家畜保護トラスト)の保護下にあるそうな。この純粋種を守り増やすために、日本に20頭が入ってきたのは1990年。現在では100頭以上のマンクスが日本にいるそうです。詳しくは服部牧場のページをどうぞ

どんな羊かというと、
P1100877.JPG
多分この子が典型的なイメージに近いのかな。

角が4本あって、小柄で、短い茶系の毛。(角の本数や向き、形はそれぞれ違っていて6本なんて子もいるらしい。)

P1100878.JPG

なんか、羊って表情ゆたか〜。もっとツーンとしているものと思っていました。

P1100916.JPG

お邪魔したのは年に一度の毛刈りの日。この日に里親募集、登録が行われます(一年更新)。
里親といっても、お世話はもちろん牧場の方におまかせ。里親がするのは、秋にコートを作ってあげること、年に一度刈られた毛を持ち帰る事。もちろん会いたくなったら、いつでも会いに来ていいそうです。

P1100895.JPG
里親がついていない羊はどれでも選んでいいことになってるのだけど、、、いっぱいいるし、毛質とか分からないし、結局おすすめ二頭を選んでもらって、片方の子を選びました。(メスと去勢済みオスでした。)

13305816994_e1decc2052_b
じゃじゃーん。私が来年紡ぐ毛を育ててくれる11番君。かわいい顔してるけど、結構オジサンです☆

P1100890.JPG
舎内ではおとなしそうだな〜って思ってたのですけど、

P1110030.JPG
毛刈り終了後に外に出されたら、しつこぉく女子を追いかけ回していました。。。。選択間違い??

P1100911.JPG
来年、こんなフカフカの毛を無事持って帰れますように。(この毛はマンクスと雑種の混血の羊のもの。毛の重さにして、マンクス純血の2倍近くありました。)

動物とお近づきになれて、原材料が安くて、完成までのステップ数が多くて時間もかかる、
ん〜!!私にぴったりの趣味を見つけたかも♪

難点は織り機が我が家には大きすぎる事?ま、家族にゆるされているからヨシとしよう。


本日のブッキしゃん

IMG_2392.JPG
私を見上げたんだけど、まぶしてく目が開かない。

IMG_2383.JPG

ずんずん、ずんずん。

この時期の散歩、日差しが気持ちいいねー。

ひつじの里親制度〜その1服部牧場

服部牧場という牧場。話してみたら、ご近所さんには行った事のある人がたくさんいます。
うちから車で一時間ぐらい。

この辺りだよね〜って、ふと横見たら、いきなり大きな馬が4頭いました。ビックリ。

駐車して降りたところには、ひつじひつじひつじ。。。

13305136845_c6d58ef54f_c

車で一時間のところにこんなにひつじ!? 
私、自分がもうちょっと都会に住んでいると思っていました(笑。

P1110034.JPG

多分メインは乳牛なのかな。あ、これ皆んな生きてますヨ。
すごくいい陽気だったので、こんなことに。。

いろんな動物がいて、何がメインなのかよくわからなかったけど、そこがいい感じの牧場です。

P1100997.JPG P1110033.JPG
ロバでしょ、

P1100950.JPG
烏骨鶏とミニブタ(なぜこの組み合わせ??)

P1100960.JPG P1100958.JPG
烏骨鶏ってこんなにかっこいい鳥だったんですね。

P1100956.JPG
P1100961.JPG
かわいいミニブタと、微妙なブタ(すごい寝息をたててました。)

P1100981.JPG
この組み合わせもなかなか斬新?

P1100966.JPG
普通のニワトリも。写真にとらなかったですけど、クジャクとミニブタの小屋も笑。

P1110012.JPG 
それからなぜか!シマウマ。

13305748563_999b2d0625_c

生まれて初めてシマウマをなで回してしまいました。
シマウマの鳴き声も初めて聞きました。犬みたいです(ちょっと聞き苦しい感じ)。

13305547655_606f33c4dc_c
ブッキになんとなく似ていた牛(この日はブッキはお留守番でした。)

13305483475_34d8c2912f_c
それから猫も何匹か。

あれ?最初に見たのに、馬の写真がありませんでした。

服部牧場、あまり観光地化されてなくていい感じです。
アイスクリームとドイツソーセージのお店があるだけ。どちらも美味しかったです。

肝心のひつじの里親制度については、長くなるのでまた明日。


宮ヶ瀬ダム

P1110037.JPG
結構近くなのに行った事のなかった宮ヶ瀬ダムに行きました。
と言っても、服部牧場のついでだったので、時間切れで奥までは行けず。
次回ね。

でも十分春の気配が来ていた。なんとなくピンクと言うか紫と言うか、色がついてる。

P1110041.JPG

P1110051.JPG
手前の公園の木。なんて言う木なんでしょう?

P1110050.JPG
P1110045.JPG
花と呼んでいいのかな。触ると固かったです。

この辺り、きっと桜の季節はすごいことになると思います。
たくさんの観光客が来るだろうけど、がんばって見に来ようかな。次回はブッキも一緒にね。

梅、桃、桜、さくらんぼ、杏などなど

いよいよ暖かくなってきましたね〜!
今日は少し風が強いけれど、散歩の時ももうコートはいりません。

ブッキと歩いていたら、強風の後にヒラヒラとピンクの花びら。
頭上を見ると。。

IMG_2333.JPG

梅です。(よね?)

ブッキの背中に花びらが落ちないかなぁとしばらく風を待っていたのですが、

IMG_2332.JPG

こんな顔になっちゃったので諦めました。

この季節、いろんな花が咲いていますが、樹上にあると何の花なのか私には分かりません。
花を近くで見られたら分かる、、、、かも。

IMG_2347.JPG

これは梅、ですよね?とまっているのはメジロかな?

IMG_2335.JPG

電柱がかなり邪魔!ですが、これも梅?

IMG_2337.JPG
これはなんでしょう?最大までズームすると、

IMG_2338.JPG

こんな感じ。白い花に緑、は新芽なのかな?梅の終わりごろ?でも樹形が縦長過ぎ???


梅と桃と杏は花柄が短い、桜は長い。
梅と杏の花びらは丸い。桃は少し尖ってて、桜は割れてる。
梅の樹皮はゴツゴツ、桃は点点、桜はスジスジ。
桃は葉っぱも一緒に出てくる。
杏は額が反り返ってる。
さくらんぼの桜は雄しべが沢山かつ長め。

私の思いつく梅、桃、桜、杏、さくらんぼの桜の違い。
やっぱり花に関するポイントが多い。樹形はどうなんだ?
梅は2月下旬から、次に桃が咲いて、杏が咲いて、桜が咲いたら春本番、ってイメージ。
これも地域によって違いそうですね。

そうそう、アメリカではアーモンドの花をよく見かけました。
これは、花は桜によく似ているのですけど、梅のように花柄が短くて、木から直接咲いている感じだった。

ま、どれも綺麗でカワイイ、それでいっか。

先日のマフラー完成。

先日、縮絨をやり過ぎた〜と悔やんでいたゴワゴワシェットランドのマフラーが終わりました。
乾かして、房をそろえて、スチームアイロン。

結論としては、思ったより縮み過ぎていなかったようです。
というか、乾くと少し縮絨状態が戻るものなのかも。

P1100828.JPG

こんな感じ。

着用写真も小さめに載せちゃお。
P1100845-2.JPG P1100841_3.JPG

緑のラインが結構気に入ってます。
シェットランドだからかなー、すくっと繊維が立ち上がっている感じもなかなか好み。

30x158cmで105g。首に巻いた感じはもっと軽い。
これは手紡ぎ糸で織った時にいつも感じること。ふわっと空気をまとう感じなんですよね。

ゴワゴワのシェットランドもすごく柔らかく感じる。
混ぜたクロスブレッドのお陰か?それとも、紡いで織るとこんな風になるものなの?
次々試してみたくなるわ〜。

縮絨の経験値が足りないのはもちろんのこと、今回あらためて感じた課題がもう一つ。
縁(ふち)がなんだか、未熟感満載。これは早々になんとかせねば。

静電気がすごいんです。

IMG_2296.JPG
羊毛を紡ぐ前に、カーディングというステップがあります。
ブラシや櫛を通して、繊維をほぐす感じです。

これがとっても大事なステップで、ここをサボると上手に紡げない。

ところが、この静電気......。

カーディングした後、ロール状にしておくのですが、これが手のひらにぴったり張り付いちゃう。

普段はハンドカーダーという道具を使って、少しずつ手作業でやっているカーディング。
静電気であっちこっちに張り付いて、どうもイライラ。

IMG_2299.JPG

ほら何も使わなくても、羊毛が壁にペッタリ。笑

P1100794.JPG
ハンドカードが上手になるまでは。。。と封印していたドラムカーダーを解禁し、

P1100797.JPG
オイルスプレーもして、加湿器もガンガンにたきました。

P1100800.JPG
でも、ご覧の通り。ぺったり〜。

ハンドカードだと、一度に1グラム。
ドラムカードだと、一度に4グラム。

1グラムなんて静電気であっという間になくなっちゃう、のでドラムカーダーで続行してます。

静電気には負けたけど、ドラムカーダーの優秀さは実感。
私がハンドカードで作るローラッグより、ずぅっと紡ぎやすい。
ハンドカーディング、しなくなっちゃいそうだなぁー。

縮絨へ

P1100778.JPG

先日織り上げました。
ご機嫌で織っていても、機から下ろしてみるといろいろ難が見えて不安がいっぱい。

先ほど縮絨作業をして、今干していますが。。。。
やり過ぎた気がする。

P1100793.JPG
この感じを残した方が良かった気がする。

羊毛を洗うところ、紡ぐところ、織るところ、縮絨するところ、

全部のステップが「ヨシ」でないと、思い描いたものに届かないんですね。
素敵なものを織り上げる作家さん達をますます尊敬。

P1100772.JPG
織っている最中に、織り機の下を覗き込むのが好きです。
いまのところ、もっとも夢見れる楽しい段階。
早く「縮絨が腕の見せどころよー!」なんて言えるようになりたいものです。

たくさんの「〜だった気がする。」を乗り越えて、いつか素敵なものが作れるようになりますように。

そんなとこで昼寝。

今日は風が冷たかったですね。

先日、春を思わせる日差しが暖かかったある日、バルコニーへの窓を開けっ放しにしていました。
ブッキは日向ぼっこが大好きなんだけど、バルコニーってやっぱり暑くなるんですよね。
普段は出たり入ったり。

ところが、あれ?ブッキが全然部屋に戻ってこない。。。。
熱射病か!!と慌てて、外を見ましたら。。。

IMG_2247.JPG

んん??んんん〜??

P1100765.JPG

植木鉢の上で昼寝です。
なるほどねー、土の上や緑の上が冷たいから昼寝にちょうどいいんだねー。でも知ってる?セダムとムスカリが下敷きになってますヨ。

「ブッキ、あんたどこで寝てるの〜。」
と声をかけても、

P1100767.JPG

ぼけぼけ。。。

ヘリンボーン

P1100756.JPG

次の手織り糸はゴワゴワのシェットランドにクロスブレッドを混ぜて。

ヘリンボーンは「ニシンの骨」の意。なるほど。
日本語では「杉綾」。なるほど。

風邪をひきました。

風邪をひきました。咳が止まりません。
だから早く治してって言ったのに〜、とダンナさんにブツブツ言ってみるも、彼も今だにゲホゲホ。


私と同じぐらい退屈してるブッキ。



カメラを向けるといつも真顔。
普通でいいんだよ〜。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。