ブッキとBakuとしらたまと

 旧「あっちもこっちも」キャバリアとチワワ、手芸好き主婦のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

織りと紡ぎと

フィンランド旅行の記録を完了してから・・・と思っていたのですが、一向に完了できないので先に書いてしまいます。

旅行から戻って、あの織りの時間が忘れられなかった私。探しに探して見つけました!
サンディエゴでも織りができる場所。

IMG_1661

サンディエゴは織りが盛んな町、とは言えないようです。卓上の平織り機を使った教室はいくつか見つけましたが、フロアルームの情報は皆無。
そんな中、中古の織り機情報を載せるページで、車で40分ほどのところに織り機を4台(も)売ります!との広告を出している場所を発見しました。

ここはThe Antique Gas & Steam Engine Museumと言う、農耕用の古いトラクターの保持をメインとしつつ、アメリカの昔ながらの生活技術を維持・愛好する目的で成り立っている美術館の一建物(Weaver's Barn「織り人の納屋」)です。

たくさんの織り機が持ち主を亡くして、寄付されてきます。織り機も放置すればどんどんホコリを被り、使えなくなってしまう。この建物を維持するためのお金も必要だ。
という理由で、ボランティアの織り手を募集し、現在40名ほどの人が週に1,2度ここを訪れては何かを織り、作品を売り、そのお金でこの場所を維持することに協力しています。

本来なら、私のような初心者(しかも外国人)が入れるような場所ではない?とも思います。
でもそこはアメリカ。開放的というか、どこにいっても「やる気のある奴はこい!」的な人が必ずいて、今回も運よくそういう方針の、しかも面倒見のとても良い人に、初日から出会うことができました。ラッキー♪

IMG_1656 

最初はこんな卓上機でストールを織りました。この卓上機、小さいですがちゃんと8シャフトあります。
ここで、やる気を見せておかなければ~と毎週真面目に通い、さくさくと織り上げました

そして「いつか織り機を買いたいの~」と言いまわったのが、功を奏したのか、真面目な態度が認められたのか(笑)、

一ヵ月後
「また4台織り機が送られてきたんだけど、スペースが足りないの。あなた、家に持って帰って使う?」

「使います!」 ← 即答。

IMG_1669

4台のうち、3台はアメリカで主流と思われるジャック式の織り機でした。
いずれも大きくて、うち一台は8シャフト(そうこう)。
魅力的でしたが、私が好きなのはカウンターマーチというタイプの織り機のような気がする。
「う~ん」と悩んでいたら、
最後に見せてくれたのがコレ↑。小さめだし、折りたたみ式だし、4シャフトだし・・・??ん
でもこれってカウンターマーチ式じゃないですか!!

「これデンマークの織り機なのよ。」

 「これにします!」

デンマークと聞いたら、(勝手に)運命を感じずにはいられません~。
その日のうちに、愛車に乗せて連れて帰りました。

使える状態にするのに少し時間がかかりましたが、最初はハックレースのマフラーを

P1040057

今は、念願のブンデンローゼンゴングもどき、を織っています。
IMG_1877

まだ良質の糸を使う勇気がないので、今は中古の糸をファイバーフェスティバルなどで安く買い求め、少ない糸種類であーだこーだ楽しんでます。

IMG_1759

納屋でも卓上織り機を卒業し、4シャフトのジャック式織り機を使わせてもらえるようになりました。


IMG_1659 IMG_1702

納屋には、少ないながら紡ぎ車もあります。右の女性が使っているのは、昔の紡ぎ車。足ではなく手で滑車を回して紡ぎます。広いスペースがないと、使えないですね~。

納屋には十分な数がないので持ち帰りはNG。
私はまだ織りの勉強中なので、納屋で紡ぎをしている場合じゃありません。
残念~と思っていたら、ボランティア仲間の方が、この年末年始の間、古いものを一台貸してくれることになりました。嬉しい~♪

IMG_1875

ニュージーランドから来た、古い紡ぎ車だそうです

ところが、
私、超がつく下手くそ

織りに関しては、フィンランドでもここでも筋がいいと、よく褒めてもらえるんです。
でも、こと紡ぎに関しては、教えてくれる人が思わず黙り込んじゃう・・
「とにかく、太くなっても細くなっても紡ぎ続けることが大切だから・・・。」って、要するに・・・・。

試しに「私って、ちょっとホープレス(素質がないという感じの意味)っぽくないですか?」と自ら言ってみたら、皆さん重~い苦笑・・・・

嘘でも「そんなことないよ~」と言って欲しかったような、自分が一番良く分かっているような・・・。
お返しするまでには、少しは上達するかなぁ。。。

ま、楽しんでます 。

この納屋がある、The Antique Gas & Steam Engine Museumはとっても面白い場所です。
またいろいろご報告しますね。

Comment

kama says... "いいなー!!!!"
わー!凄い!運命だ!!!
織りも楽しそうだなぁ~作品どんどん見せてねー(´∀`)ノ
2011.12.15 01:34 | URL | #WqH7vPJk [edit]
Baku says... ""
☆kamaちゃん、ありがとう~♪
分かってくれる人がいてくれて、嬉しいよ~(涙)。
いや実際、織りってすごく楽しいです。kamaちゃんとかすごい布を織れそう。
それに・・・woolで織れば、羊毛人形にも使えるよー☆
(最近ちょっとずつ復活してるんだ^-^ またいろいろ教えてね。)
2011.12.15 04:03 | URL | #en.bw.dk [edit]
ひでこ says... ""
朝からパソコンの前で興奮気味の私です。
こんな運命的な良い出会いがあったんですね~
素晴らしいーーーーーーっ!
で、もうこんなに織っていらっしゃるの?
これまた素晴らしいーーー
いいないいな~~
2011.12.15 09:33 | URL | #tHX44QXM [edit]
Baku says... ""
☆ひでこさん
やっとお見せすることができました~♪ デンマークの織り機ですもん、
運命感じますよね~(笑。
この織り機のメーカーは今はもうないところで、情報の入手など結構難しいのですけど
そこがまた、くすぐられるというか、はは。
帰国しても続けられたらなぁと思ってます。そうしたら、使いに来てください~。一緒に遊びましょう☆
2011.12.16 04:42 | URL | #en.bw.dk [edit]
アヤ says... ""
こんにちは!
すごい機の数!あるところにはあるんですね~。(笑)サンディエゴにはおもしろいところがあるんですね!
ブンデンのデザインもさわやかでステキ!織りにはまってますね。。^^

紡ぎのコツなんですけど、ペダルを踏む時、押す時だけ力を入れて下さいね。
ぐっと押す時だけ力を入れれば、反動で自然に戻ります。
初めての方に教える時、たいがい、押す時も、引く時もかかとに力を入れて、
車輪を逆回転させちゃうことが多いので、もしかしたら、、と思って。(違ったらゴメンナサイ。)
まず、足だけで踏む練習。そしたらあとは楽ですよ。
足に力が入っていると、手にも力が入って、羊毛をギュッと握っちゃっていることも。。
テンションはきっと、調節されてあると思うので、その辺かな?
リラーックスして紡ぎ車に合わせるように紡いでみて。^^

そうそう、ブログの拍手コメありがとうございました。
あれは返信無しの設定になっちゃっているので、読みっぱなしになっちゃってすみません。。


2011.12.16 07:29 | URL | #kuJCv5EY [edit]
Kayoko says... "やってみたい。"
古い紡ぎ車、雰囲気ありますね。ただ飾っていてもいい感じ。
ブンデンローゼンゴング???この柄、好きです。
また紹介してね。楽しみにしています。
2011.12.16 09:48 | URL | #- [edit]
Baku says... ""
☆アヤさん、ありがとうございます~!!
プロの方にヒントを頂けるなんて、感激してます。
そして、そうなんです。ペダルをゆっくり踏むことを心がけると、回転がとまったり逆回転になったり。
後ろ側の手元を指にかける形にすると、うまくいく事が多いので、ということはつまり、普段は「ギュ~っ」と握っているのだと・・。もうお恥ずかしいぐらい、まんまのことやってるような気が・・・^^;
リラックスと「紡ぎ車」に合わせる感じ、で今日からまた練習してみます。本当にありがとうございます♪

実は紡ぎ車の構造とかもよく分かっていないので、amazonで本を買ったのですけど、こちらは紡ぎや織りの本が豊富ですね。びっくりしました。英語ってところが多少つらいですけど(笑。
ブンデンも何の条件を満たすとブンデンなのか、英語で読んでも今ひとつ?でも柄が出てきた時はとっても嬉しかったです。

コメントのことは気になさらないでくださいね。思わず書きたくなって書いてる、って感じなので、アヤさんに読んで頂けてるだけで十分嬉しいです。

かなり幼稚な織りなり、紡ぎなりが続きますが、頑張って続けられたらと思ってます☆
もしおヒマがあったら、また覗きにいらしてください☆(1月のプレゼン、頑張ってください!)
2011.12.17 12:26 | URL | #en.bw.dk [edit]
Baku says... ""
☆Kayokoさん、こんにちは。
うん。飾りとしても十分素敵です。(使ってない時は眺めてニヤニヤしているよ。)
多分日本の家に持って帰ったら、大きく感じるんだろうな~とは思うけど^^;
ブンデンって、スウェーデンの伝統的な織り方の名前・・・みたいです。日本人にも好きな人がたくさんいて、よくブログや展示会で見かけてたんだ^-^ かわいいからいつかやってみたくて♪
良く見るのはもっとカラフルな感じなんだけど、まだ糸をあまり持っていないので、とりあえず3色で(待てなかった私笑。
2011.12.17 12:34 | URL | #en.bw.dk [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。