ブッキとBakuとしらたまと

 旧「あっちもこっちも」キャバリアとチワワ、手芸好き主婦のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きゃん様が逝きました。

candy

8月28日午後5時26分、きゃん様が亡くなりました。22歳でした。
私と同じ日を誕生日にして毎年お祝いしていました。
22歳と3日。大往生だったと思います。

静かな最期でした。
とてもきれいなお骨でした。

きゃん様の食が細くなり始めたのは8月の半ば頃。
18日から10日間弱、京都の学校で織りの教室に参加する予定だった私は悩みました。
もしかしたら、私のいない間に・・・。
でも何人かの方に後押しされ、任せておけと言ってくれるダンナに背中を押してもらい、
結局出かけました。

きゃん様をおいてまで来た教室。しっかり学ばねば、と早朝から夜遅くまで毎日織り続けました。
これまでにない、異様な集中と没頭。きゃん様がくれた貴重な経験でした。
そして、帰宅の4日前。主人からきゃん様が立てなくなったこと、
瞳を閉じることができなくなったとの連絡を受けました。それでも帰宅をせず最後までやり続けました。

帰宅したのは27日の昼頃。
涼しくて静かな部屋で彼女は静かに息をしていました。目は多分すでに私を見れなくなっていたと思います。
それでも彼女は生きて、穏やかにそこにいてくれた。
亡くなるまでの一日半を、私のひざの上で過ごしてくれて、最後のお世話をさせてくれて・・・。
私のために、私が自分を恨まずに済むように待っていてくれたのだ、と思います。とてもとても感謝しています。

きゃん様はそんな猫でした。ワガママだけど、真ん中はどこかお姉さんで、
結局いつも支えてもらっているのは私の方でした。
あんな脚になっても、最後まで歩くことを諦めず、段差を乗り越えることに、隙間を通り抜けることにチャレンジし続けていた(笑。
彼女がいることが当たり前だった日々を忘れることはありません。でも前に進まないと、きゃん様に怒られそうです。

これまで沢山の方が、きゃん様を愛し、気遣い、応援してくださいました。
幸せな猫だったと思います。
本当に本当にこれまでどうもありがとうございました。
どうぞ一緒に彼女の冥福を祈ってやってください。

Comment

Sachi says... ""
Bakuさんご無沙汰しております。
昨年の私が最後にコメントしたお誕生日の月に逝かれたんですね、驚きました。
まだまだ頑張れると思っていました…涙涙涙
実はあの後、主人の仕事の都合で引っ越しが決まり、それを機にアメリカ東海岸やヨーロッパ旅行やら日本にも一時帰国したりとパタパタと忙し日々が続き今はアメリカの新しい新居に引っ越して来てやっと落ち着いたところでした。
今日キャン様の事を知って涙が止まりませんでした。
キャン様とBakuさんには本当に感謝でいっぱいです。私と私の大切な猫のために勇気を与えてくれ、無事に渡米でき私達が最後まで一緒にいられたのですから。
ジェニに手を合わせ報告しお祈りしました。きっと天国でキャン様とすでに会ってジェニはお礼を言っているかな。
Bakuさんも最後まで献身的に介護したご苦労お察しします。そしてキャン様もそれを十分に分かっていてBakuさんに感謝でいっぱいだったと思います。そして今まで幸せな人生を与えてくれてありがとうと思っているはず。
待っていたのもきっとお礼も言いたかったのでしょうね。涙涙
キャン様は大好きなBakuさんとご主人様とブッキちゃんに見守られ天国に逝かれて本当に最後まで幸せな人生だったと思います。そして天国からBakuさん達を見守ってくれていると思います。

キャン様に感謝と心からご冥福をお祈り申し上げます。






2014.01.30 20:33 | URL | #- [edit]
ばく says... ""
Sachiさん、コメントをどうもありがとうございました。
お引越しだったのですか!それは大変でしたね。でもご旅行のきっかけになったのなら悪くなかったかな^^?ご旅行はいかがでしたか?私は向こうではほとんど旅行する機会に恵まれなかったので、行ってみたい場所がたくさんあります。もちろんヨーロッパもです☆これからもいっぱい楽しめるといいですね!

きゃん様のこと気にかけてくださってありがとうございます。
まだ信じられない気分になったり、妙に納得してみたり、と思ったら、目が彼女を捜していたり、まだまだ時間がかかりそうですが、なぜかあまり遠くにはなれたという感じはしないもんなんですね。
そう、きっと向こうから見てくれているんだろうなって思います。うっかりうわさ話なんてしたら怒られそう(笑。
気の強いきゃんですが、ジェニちゃんと出会えていたら、仲良くしてくれてたらいいなーと思います^^

本当にいろいろお話できて、共有できて良かったです。ありがとうございました。
きゃん様が特別すぎて、また猫と生活することができるかどうか自信がありませんが、「私は猫が好き!」は一生変わりません。またお暇があったらぜひ遊びにいらしてくださいね。

最後にもう一度。暖かいメッセージをどうもありがとうございました。

2014.02.08 22:41 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。