ブッキとBakuとしらたまと

 旧「あっちもこっちも」キャバリアとチワワ、手芸好き主婦のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羊毛洗う

また雪ですね〜。すでに我が家のバルコニーは先週末の再現が始まっています。
せっかく久しぶりに友達の家に遊びに行くはずだったのになぁ〜。

と言う訳で、今日もせっせと羊毛洗い。
京都から戻って以来、一日も欠かさずに洗い続けています。

と言うのは、「買ったらすぐ洗わないと!!」と京都のクラスのほぼ全員+先生にしかられちゃったから

P1100698.JPG
こういう状態の羊毛を買っています。これを日本では「汚毛(おもう)」と呼ぶそうな。なんか、なんか、ね(笑。(ここにハマるのって私だけですか?)

パッと見た感じそうでもなさそうだけど、触ると油でベッタ〜としてる。
でも、これが羊の背中に乗っかっていたと思ったら、かわいい。
P1100700.JPG
実物はこんな感じ(『Fleece& Fiber source book』より)
品種はポロワス。
オーストラリアで作られた交配種(父’メリノx母’メリノ/リンカーン)です。

出典:www.nikisawyer.compolwarth.jpg
ふふ、顔見えないし。あんまり可愛くないぞー笑。


P1100695.JPG
汚毛(おもう)洗い用に購入した寸胴鍋14L!
大きくて悩みましたが、これでも一度に洗える量は汚毛150g、せいぜい200gまで。糸を蒸す時にも使えるし、良い買い物でした。

P1100677.JPG
コリデールという羊の毛、洗う前と洗った後。
ベージュが真っ白になった!

P1100702.JPG
コリデールの写真。膨らみは無いけど、しなやかで光沢がある、と評価の高い、定番中の定番羊毛。
でも油がいっぱいなのに、フェルト化しやすそうでした。
上手に洗えているか不安。

「汚毛を洗ったら結構色が変わるヨ」と聞いていたのに、早速やってしまいましてねえ。

スピニングパーティで一目惚れしたクロスブレッド(雑種、親不明)。
P1100684.JPG

甘茶と濃グレーの間ぐらいの色に見えたんです。
メリノより少し太いけど、そこそこ張りもありそうじゃない?
とか初心者のくせに色々判断したつもりになって、1kgパックを買いました。

洗ってみたら。。。。
P1100683.JPG
色薄っ(手前が洗った後、奥が洗う前)

まぁ、これも勉強です。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。