ブッキとBakuとしらたまと

 旧「あっちもこっちも」キャバリアとチワワ、手芸好き主婦のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紡毛糸

アメリカにいた時、紡ぎの基本をDVDから学びました。
(今日の話題は多分少しマニアックです。)

P1100705.JPG
帰国して出会った中古の紡毛機は、その最初のDVDで使われていたもの。
このDVDは今でも私のバイブルです。

Mabel Rossさんの
Handspinning: Advanced Techniques DVD
ross.jpg

イギリスのおばあさんがゆっくり静かに紡ぎながら語るこのDVD、興味の無い人には即効性の高い睡眠導入剤。
細くて均一な梳毛糸(羊毛繊維の方向が縦に揃っていて、長い繊維のみからなる糸)をショートドロウ(短いスパンで羊毛を引きながら紡ぐ方法)で紡ぐMableさんに憧れていました。撚りの角度までしっかり把握して紡ぐ彼女の紡ぎは、とっても正統派。

DVDの中ではもちろん紡毛糸(糸の方向がランダムで、比較的繊維の短い繊維からなる糸)の説明もあります。典型的なイングリーッシュロングドローを見せてくれてます。
これもとっても素敵。でも私が真似しても、ぜんぜん上手くいかなくて。。。
たぶんMableさんの得意所もショートドローじゃないかな。。。

その後、ロングドローに悩める私が、題名に惹かれて入手したのがこちらのDVD。
Abby Franquemontさんの
Drafting The Long and Short of It
drafting.jpg

この方はとても多らかで自然に紡ぎをしている感じです。
紡ぐ事が、体の一部って感じ(5歳から紡いでいるそうですから納得)。
Unsupported long draw(手添えなしのロングドロー。この人は完全な片手でも紡ぎます。糸はボコボコしてますけど、向こうでは紡毛糸は数本撚りにして使うのが前提なのであまり気にするなと言ってます。)という方法の説明では
「空いた方の手で、ビールを飲みながらがおすすめよ。」みたいなことを言ってます(笑。

ある程度基本をマスターした後で、このDVDに出会えたことはラッキーでした。大分肩の力が抜けましたから。
(Mableさんの様な手つきで紡ぎたくて、指がつりそうなぐらい無理してた〜。)
それに、どんな糸が欲しいのか、だからこんな紡ぎ方をするんだ、っていうのがよく分かりました。

この頃になると、だいぶん紡ぎ英単語も分かるようになり、アメリカのスピナーさんとある程度会話ができるようになりました。
でもいざ織ってみたいと思って相談しても「単糸の手紡ぎ糸で織り???無理無理〜。」って。。。実際、アメリカの紡ぎ雑誌「Spin Off」で、「単糸でも織れるんです!!」みたいな小さな特集が組まれていたのを見たことがあります。
結局ショートドローの梳毛糸を3本撚り(3Ply)にして、靴下糸を紡ぐ日々。。。


そんな時に帰国が決まり、日本でホームスパンを教わり、今日に至る。。。。

で、今どんな紡ぎを練習しているかというと、「ロングドローの紡毛糸」。最初ですから、目指すはできるだけ均一な糸。しかもイングリッシュスタイルにこだわってしまう。

イングリッシュロングドローってこんな感じ。
(前半はローラッグの作り方からです。この男の子、ロングドローでちょっと有名なんですよー)

でもね、日本に帰ってきてみたら、ローラッグから「Unsupported long draw」(手添えなしのロングドロー)に近い形、あるいは人によっては向こうで「Supported long draw」と呼んでた方法(このあたり定義が人に寄って色々みたいですが、ショットバックドローを腰あたりまで連続して延ばして行く感じの紡ぎ方。トップ(コームがけした羊毛)からだと梳毛糸を紡ぐことになる方法です。))で紡毛糸を紡いでいる人も結構いる。
試しに手添えなしのロングドロー(実際は少し添えますけど)をちょっと真似してみました。ふむふむ、この方法は自分のローラッグの特徴とか、その羊毛の特徴とかが、見え易いかも〜。
そして、イングリッシュドローに戻したら!!!なにかが分かった気がする〜

新しいものを見かけたら、まずは素直に従ってみる、最近のモットーです。いいことあったあった^^

P1100703.JPG
Mableさんと同じ紡毛機は、Schacht社のMatchless。高級品なので手が届かないと思っていたのに、まさか中古品に出会えるとは!!

P1100705.JPG
マジャクラフトのROSEも美しい紡毛機ですが、Matchlessも負けてないでしょ。

紡ぎ、楽しいなぁ〜。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。