ブッキとBakuとしらたまと

 旧「あっちもこっちも」キャバリアとチワワ、手芸好き主婦のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひつじの里親制度〜その2マンクス ロフタン

服部牧場には、ちょっと珍しい羊がいます。
その名をマンクス ロフタン(Manx Loaghtan)。

もともとは、アイリッシュ海の中央に位置するマン島の羊です。絶滅の危惧が高いレア種で、英国のRBST(稀少家畜保護トラスト)の保護下にあるそうな。この純粋種を守り増やすために、日本に20頭が入ってきたのは1990年。現在では100頭以上のマンクスが日本にいるそうです。詳しくは服部牧場のページをどうぞ

どんな羊かというと、
P1100877.JPG
多分この子が典型的なイメージに近いのかな。

角が4本あって、小柄で、短い茶系の毛。(角の本数や向き、形はそれぞれ違っていて6本なんて子もいるらしい。)

P1100878.JPG

なんか、羊って表情ゆたか〜。もっとツーンとしているものと思っていました。

P1100916.JPG

お邪魔したのは年に一度の毛刈りの日。この日に里親募集、登録が行われます(一年更新)。
里親といっても、お世話はもちろん牧場の方におまかせ。里親がするのは、秋にコートを作ってあげること、年に一度刈られた毛を持ち帰る事。もちろん会いたくなったら、いつでも会いに来ていいそうです。

P1100895.JPG
里親がついていない羊はどれでも選んでいいことになってるのだけど、、、いっぱいいるし、毛質とか分からないし、結局おすすめ二頭を選んでもらって、片方の子を選びました。(メスと去勢済みオスでした。)

13305816994_e1decc2052_b
じゃじゃーん。私が来年紡ぐ毛を育ててくれる11番君。かわいい顔してるけど、結構オジサンです☆

P1100890.JPG
舎内ではおとなしそうだな〜って思ってたのですけど、

P1110030.JPG
毛刈り終了後に外に出されたら、しつこぉく女子を追いかけ回していました。。。。選択間違い??

P1100911.JPG
来年、こんなフカフカの毛を無事持って帰れますように。(この毛はマンクスと雑種の混血の羊のもの。毛の重さにして、マンクス純血の2倍近くありました。)

動物とお近づきになれて、原材料が安くて、完成までのステップ数が多くて時間もかかる、
ん〜!!私にぴったりの趣味を見つけたかも♪

難点は織り機が我が家には大きすぎる事?ま、家族にゆるされているからヨシとしよう。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
実はこの里親制度を知ったのは、かれこれ5年かもうちょっと前。
jojoさんのクロスステッチ企画でご一緒していた、編みもののとても上手なJさんが、羊の里親になったと盛り上がりました。「羊飼いみたいでいいなー。」と思いつつも、羊毛の使い道の無い私は特に動かず。その時に牧場が神奈川?と驚いたのを覚えています。
その後サンディエゴ時代に、日本でマンクス ロフタン展(青山como.ここもよく行くギャラリーです。)が行われる事を、同じ時期にアメリカ在住されていた織り作家の吉野綾さんが出典されることで知りました。帰国予定がなかったので見れずで残念でした。今ネット上に残された画像で拝見してもすばらしい展示会だったようです。
帰国後、慌ただしい生活の中でマンクスのことは忘れていました。ところが、最近出会った紡ぎを教えて下さる先生、この方が服部牧場とマンクス展に携わっている方だと知って。。。。。
いろいろなことがある時、突然ふっとつながる、そういうことって結構あるもんだと思います。今回も、あれはこういう風につながる情報だったのかぁ、と随分楽しみました。数年前まで、まさか自分が織りや紡ぎに関わるとは思っても見なかったな〜なんて思いながら。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。