ブッキとBakuとしらたまと

 旧「あっちもこっちも」キャバリアとチワワ、手芸好き主婦のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペットカメラ

お留守番中なにが起こっているのか、全く分からないのが不安で不安で、
ペット用のネットワークカメラが欲しいな、と。

でも専用のカメラは値段がはる。

そんな時お友達にたった500円で買えるアプリを教えてもらいました。

image

「iCam - Webcam Video Streaming」

英語アプリですが、たくさんの方が設定方法を日本語で紹介してくれているので何とかなります。
http://pdat.jp/pc/2012/09/icam/とか
http://blog.dtanaka.jp/?p=1259とか。)

カメラ一台ならごくごく簡単。
カメラはパソコンに内蔵のカメラです(外付けももちろんOK)。
液晶画面はオフにしても大丈夫ですが、PC自体がスリープしてしまうと撮影しなくなるので、自動スリープしないように設定をかえます。

500円なのに、ちゃんと音声も聞けるんですよ!

で、設置してみて分かったのは、
ケージ内留守番をしている白玉は私がいない間ずっーーーと鳴いていた。。。。

かわいそうなことしてました。ここでも彼女の「根性ありそう」な風を感じます。あきらめないんですね。
今はエリザベスカラーでストレスもかかっているから余計なのかな。
(こういうとこブッキには全然ない。。)

そこで、思い切ってフリー留守番にしてみました。
最初は落ち着かない様子で玄関の方を見つめたり、走り回ったりしてましたが、
3回目の留守番ぐらいから大人しく寝ているようになりました☆


しかもね、

rusuban
(二匹とも画面左のソファにいます。)

白玉さん、ブッキの近くに行って寝てるんですよ。
これ留守番の時だけ☆


私が家にいる時の二匹の定ポジションはコチラ↓

image

先日、実家に二匹を一晩預けようとしたんですが、二匹とも全く落ち着くことが出来ず大失敗。
でもそれ以降、なんだか二匹の距離が更に縮まったように感じます。同じグループ(群れ?)所属ってことが分かってきたかな?

私は使わなくなった古いiPhoneに「ipCam - Mobile IP Camera」を入れて、カメラ2台体勢にしてます。
image

うちは二台あればリビングのほとんどをカバーできるので、
このアプリには首振り機能や拡大機能がないんですが大丈夫。
でも実際のところ、エアコンつけて外出すると、二匹ともほとんど動きがない=同じ場所でずうーっと寝てる。
一台で十分だったかも。。。

使わなくなったスマートフォンを二台目以降のカメラにしたい方は、
ちょっとコメント追記しましたので、以下見てみて下さい。


私が今使っているアプリ「ipCam」300円は、スマフォで撮った動画を一旦母艦であるパソコンに送り、母艦PCから映像をネットに送信する、というシステムを使っているようです。
なので、ipCam(スマフォ)単体に電源を入れて撮影しても外出先から映像は見れません。必ず母艦PCを立ち上げていなくはいけません(液晶は消えてて大丈夫ですよ。)
ここ注意です。

使ってないスマフォを撮影用カメラにするアプリには、
「iCam Source Mobile」というもありました。こちらは500円。

パソコンに入れる「iCam Source」のモバイル版と言う感じの名前だったので、即導入しました。でもこれは我が家ではNGでした。
同じWifi下の複数のカメラから送ってくる映像を、外部の別のWifiもしくは4G回線などを通じて外出先から見ることができないんです。無料の公衆(パブリック)プロキシサーバーを使うか、有料のプロキシサーバーを使えって指示が出て来るのですけど、パブリックは10回に一度ぐらいしかつながらない。有料はびっくりするぐらいお高い。
自宅のルーターのチャンネルを解放すると見れると書いている人もいるのですが(iCam SourceのHPにもその方法が紹介されています。)、私のように半端な知識の人間がチャレンジしたからか、開放したつもりがうまくいきませんでした。

それで結果的に、ipCamをインストールしたらアッサリ解決。

それぞれネット環境が違うので、私のケースが他の方に当てはまるのかよくわかりませんが、参考までに書き留めておきます。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。