ブッキとBakuとしらたまと

 旧「あっちもこっちも」キャバリアとチワワ、手芸好き主婦のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まとめて仕上げ(上半期一人反省会)

しました。昨日。

P1120015.JPG

夏に縮絨&アイロンってイヤだけど、ここのとこ涼しくて助かりました。
それにお風呂場に「涼風」ボタンがあることを発見。
扇風機みたいな風が天井から出ます。気分的に救われる。

ここから今年上半期の一人反省会です。長いです。。。

☆強撚糸のテストストール。
しっかり縮んだので、アイロンで少し広げて仕上げました。
P1110987.JPG(10x152cm/60gコリデール)
これだけ縦シボが出てくれたら、頑張って強撚にした甲斐があるってもの。
コーミングはあまり好きじゃないけど、やっぱり梳毛糸だからここまで出たのかな、と思うと次もがんばろってなる。

これ羊毛だけど暖かくありません。シャリシャリしてるので、春や秋なんかにちょうどいい感じ。
次は大きなショールにしたいです。

☆経糸が粘って織るのが大変だった昼夜織り。
P1110995.JPG P1110996.JPG (20x144/82g ポロワス)
織り上がった時は案外可愛い?なんて思ったけど、縮絨したらダメポイントがたっぷり見えてきました。
経糸密度、低いですよね。。。緯糸の色を変えることにも、もっと気を使わないといけなかった。粘りが原因とは言え、織り違いも多過ぎ。

次はピックアップなしで挑戦します。糸も少し太くして。
でもあんまり好きじゃないかも、、、昼夜織り^^;

☆これまた織る時に経糸が切れまくったシェトランドの杉綾。
P1120004.JPG (30x160/102g シェトランド)
これはセッティングではなく、紡ぎ方の問題でした。
切れるのを恐れるあまり、異様に経糸テンションを下げて織ったら、もはや杉綾には思えない迷走っぷり!
複雑な多綜絖組織みたいです。。。^^;

それでも巻くとね、雰囲気があるのですよ。色も微妙な感じと思っていましたが、巻くとなにかあるんですよ。それにとっても柔らかい〜*^^*
これがシェットランド人気の理由なのかな〜。

P1120002.JPG
フワッと、モコっとが共存してます。

このストールに関しては、縮絨のやり直しも初めて経験。(やっていいのか不安でした〜)
一回目の縮絨で出ていなかった良さが、二回目で現れたと思います。縮絨をどこでストップするか、難しいです。

正直、このフリースは厄介者でした。切れて短い、小さいケシの実みたいなゴミが散在。
でもシェットランドの良さは残っているんですね。
あまりの状態の悪さに、途中から結構投げやり気味だった自分を猛省してます。
まだ残っているので、次は気合いを入れてなにか形にしてみよう。

☆最後はこの夏の集大成、のつもりで気合いを入れて織ったポロワス。
(の割には白糸が足りなくてデザイン変更、、、というドジをした。^^;)
P1120007.JPG
白はそのまま、灰緑色はヨモギの鉄媒染、黄色は蕗と化学染めのミックスです。
黄色が思ったより薄い色になってしまったので、大人しい印象のストールに。

P1120009.JPG
川島の講習でポロワスを扱って以来、ポロワスってもっといい感じに仕上がるはずなのに、とずっと反省してました。(昼夜織りもポロワス。反省再び。。。苦笑)
今回のストールはポロワスの良さを殺さずに済んだんじゃないかな、と思ってます。
めちゃくちゃ柔らかくて、肉厚感があって、肌と一体化する感じというか、なんというか(難しい!!)

私の中で、シェトランドは肌にボワッと跳ね返るような弾力があって、自分の周りに空気の壁が出来るようなイメージなんです。一方ポロワスは、もっと肌にペットリ寄り添う粘りがあるというか、なんというか(難しい!!)

気をつけて織ったつもりだったのですが、まだ緯糸が入り過ぎているようです。
そう、これが私のもう一つの課題。縮みを恐れるあまり緯糸を入れすぎる。。。
アメリカでマットとか織ってる時は、シャトルをポーンと飛ばして、少々縮み過ぎるのはテンプル(伸子)で防いでって感じの織りを好んでやっていたので、伸子がない状態で織るのが不安なんです。

それでも、これ迄に織ってきた中では一番まとも。次、また次とコツがどんどんつかめますように。

糸を紡ぐところも、ただ綺麗に紡いで織るのが私の目指すとこじゃないのかも、なんて考える余裕が出てきました。最後のポロワスのストール、ちょっと面白みに欠けるような気もします。気を使ってすごく均一に紡ごうとした結果です。これはこれでいいのだけど。。。

先日、初心者の方が紡いで織る、と言う場面に立ち会う機会に恵まれました。
その方の織ったマフラーがめちゃくちゃカワイイ!!雰囲気がある!!!
もちろん、初めてですから糸なんて太かったり細かったり。(といっても初めての割にロープになっているようなとこはなかったから、きっと元々センスをお持ちの方なんでしょうね。)
あーそういうことじゃないんだなー。ちがうとこ目指しちゃってたかもな〜と思いました。
でも、どう紡げば自分の目指す雰囲気になるのか、までは、まだまださっぱりわかりませんケド。

さて、ウダウダ書いた反省を生かして、下半期も頑張りましょう。エイエイオー!

(この反省メモを最後まで読んで下さった方がもしいらしたら、どうもありがとうございます。長々とお付き合いさせてすみませんでした。)


それにしても、色合いが地味だな〜笑。次期は色物にもチャレンジしよー。

Comment

とろさうるす says... ""
こんにちは!
ブッキさん、白玉さんもこんにちは♪
ブッキさん、我が家のキャバリア ボルト君と同級生ですわ~
母は今までお誕生日が過ぎていたコトを、すっかり忘れておりましたが・・・(汗)
同じ8月生まれで、6歳!
これからもずっと仲良く、暮らして行けたらイイですよね♪

ばくさんの織物・・・凄すぎる!
おウチで織物ができるなんて、初めてブログにおジャマした時に
感動いたしました。

また作品を見せて頂けるのを
楽しみにしてます♪
2014.09.01 15:09 | URL | #- [edit]
Baku says... ""
とろさうるすさん、コメントありがとうございます〜。
お!お誕生月まで同じでしたか♪ 6歳ともなると立派なおじさんのはずですが、、、
キャバさん、やっぱりいつ迄たっても、どこまでいっても、ちょっと小心者で甘えん坊という気がします。笑
ほんと!お互いたくさんの生き物に囲まれて、いつまでもワイワイ楽しく暮らして行きたいですねー。

またお邪魔させて頂きます!これからもどうぞよろしくお願いします☆

*織りのこと褒めて頂いて嬉しいです。まだまだこれからって感じですけど、ちょいちょいアップしますので是非是非品評くださいませ。
2014.09.01 15:39 | URL | #iICAL.iA [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。