ブッキとBakuとしらたまと

 旧「あっちもこっちも」キャバリアとチワワ、手芸好き主婦のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しらたまのこと

快晴の続くゴールデンウィークですね。みなさんお元気ですか?

だんだんと普通の生活を取り戻してきました。
いろんなことを考えて、いろんな選択をしました。その選択に自信がもてるまで、なかなか文章にすることが出来なかったのですけど、先日思い切ってFBに書き込んだら気持ちがより落ち着いて来たように感じています。
ここにもきちんと書き残したいと思えるようになってきたので、長文になりますが書きます。

白玉は胆嚢破裂を起こしていました。
白玉は時々震える子でしたが、前日の晩は震えが続き何かがおかしいと思いました。翌朝元気はあったのですが、食が細くやはり何かがおかしいと病院につれていきました。ところが、動物病院で順番待ちの間に様子がどんどん変わり、血液検査から戻って来た時にはぐったりしていて、黄疸がでているのが素人目にもわかりました。
遠くの大きな病院への転院をすすめる獣医に「そんな時間の余裕はないように思う」と伝えても近くの病院を紹介してもらうことはできず、やむを得ず自分で片っ端から電話をかける覚悟で、その動物病院を後にしました。
電話2件目で、比較的近いところに出来た新しい動物病院で引き受けてもらえることになり、すぐに手術をしてもらいました。でも術後二日目の朝に呼吸が浅くなり、私を見つめながら白玉は逝きました。最期の瞬間まで、本当に白玉を失うことになるなんて信じられませんでした。

思うこと、後悔に押しつぶされそうでした。でも今、後悔はやめるようにしています。
白玉はそんなことを望んでいないと思うから。
彼女は最期にとても素敵な笑顔を残しました。あんなに息苦しそうだったのに、信じられないぐらい穏やかで平和で、とても優しい笑顔を残してくれました。
後悔に呑み込まれそうなとき、私はいつもいつもその笑顔に救われています。
私は、私に出来ることを、白玉が喜んでくれそうなことをしたいと思うようになりました。

我が家には今、カプアというチワワの女の子がいます。推定年齢8−10歳、歯がほとんどなく、先端の千切れたベロがいつも出ています。だからなのか、かわいらしい彼女は半年ほども里親さんを探し続けていました。
白玉を膝にのっけながら見ていた保護犬ブログ。白玉と「早くママが見つかるといいね」と話していたカプア。ベロを出したその子を私はなんとなく好きで、早く幸せになれとPCの前で応援していました。

迎えるならできれば若い子を、と一年前の私は思っていました。。
でも白玉を失ってわかったこと。
毎日毎日を大切に大切に一緒に過ごせれば、一緒にいられる時間がたとえ短くても、それはかけがえのない時間になる。そして、私にも、保護された犬達にも、もしかしたら年齢なんかじゃ分からないタイムリミットがすぐそこにあるのかもしれない。

自分が耐えられるか正直自不安でした。カプアに会いに行き、私はやっぱり泣いてしまったのだけど、カプアは膝の上から逃げずに一緒にいてくれました。とっても犬を選ぶブッキとも空気のように自然にいれました。

不安はもちろんありましたし、今もあります。
また同じようなことがおこらないか、そんな不安は日々わき上がります。でも、私に出来ることを精一杯やる、これしか出来ることはないと、毎日胸に刻みなおして過ごしています。泣きながらだっていいと思うんです。精一杯できることをやっていれば、この子達はきっと分かってくれる。

白玉とはぜんぜん違うカプア。
白玉は賢くて、優しくて、人の気持ちがよくわかるお姉さんのような優等生でした。本当にすばらしい犬でした。もっともっと、白玉がどんなに賢くて素晴らしい犬か書き残せばよかった、自慢すればよかった。
カプアはブッキと同じ三枚目キャラです。小さな舌をぺろっと出して、小首をかしげて、我が家に毎日笑顔を運んでくれています。白玉が我が家にくれたプレゼントです。

ある方がFBでコメントくれました。「ちゃんとpay forward(恩送り)していくんだね、すごいね。」と。
本当にそうです。一年前の私は自分がこんな選択をするとは思わなかったと思います。ほんとうに白玉からたくさんのことを教わりました。私はもっともっと上げられなくてごめんね。カプアにブッキに、もっと他のだれかにもしっかりバトンします。

今回のことで学んだこと、思ったこと、毎日の生活に追われて忘れてしまうことがないように、これから時々書いて行こうと思います。
そして、
これからは思いっきり飼い主バカを公言して、ブッキとカプアのこともたっぷりたっぷり書き残します。

白玉のこと見守って下さったみなさま、本当にどうもありがとうございました。
5月5日は白玉の四十九日になります。
白玉の無事な旅立ちを、どうぞ一緒に祈って頂けたら、とても嬉しいです。

最期まで読んで下さってどうもありがとう。
これからもどうぞよろしくお願い致します。 ばく





Comment

めろみい says... ""
白玉があの大きな目で、Bakuさんを見つめながら逝ったと読んで思わず涙出ました。私には想像しかできませんが、きっと「ありがとう」って言ってたに違いないと思います。

愛する家族との別れはとても悲しくて、周囲の人間は気持ちを寄り添うことしかできませんが、Bakuさんのオープンマインドバロメーターである(と思われる)ブログが復活して、そしてまた賑やかなBakuさんご家族を想像できることが、私、とても嬉しいです。

リミットは誰にいつ訪れるか分からない。毎日毎日愛情いっぱい注いでいたい・・私の場合かなり高度な理想ですが(すぐ怒っちゃうので)、白玉のことを思い出しながら、明日からも頑張ります!

カプアちゃんの写真、楽しみにしています!あ、ブッキも!
2015.05.06 22:21 | URL | #fj824vKM [edit]
Baku says... "ありがとうございます。"
めろみいさん、コメントありがとうございます。

書けるようになったこと、私も私のバロメーターだなと感じていました。
最初は文字を読むのも辛かったのですけど(全然関係ないものでも。)、読んだり書いたりってとても能動的な行動なんだなって改めて感じます。こうやって出力しつづけることで、リハビリというか心のスタミナが少しずつ復活していくのを感じてます。

怒るのも愛情のあらわれですよ〜。お子さん達はどんどん成長していっちゃうから、それこそ瞬間瞬間が貴重ですよね。怒ったり、笑ったり、私もめろみいさんのブログ読むのはとても楽しいです。
パワー戻ったら、コメントもばんばん入れますね〜。

白玉のこと、そんな風に言って頂いて嬉しかったです。カプアのこと、記録してあげたいけどここは白玉の為に残してあげたいと言う気持ちが変わらないようなので、新しいブログを立ち上げました。
良かったら、ぜひ遊びにいらしてください。お待ちしてます♪

コメント本当にありがとうございました。
2015.05.07 12:06 | URL | #iICAL.iA [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。